パンダ館へようこそ! このサイトについて | サイトマップ | お問い合わせ |
パンダとのふれあいインフォメーションと交通アクセス |
パンダ館Top Page > パンダ館もくじ > 中国熊猫旅行 > 2006年9月28日
9月23日24日25日26日27日その127日その228日29日30日10月1日

中国熊猫旅行
中国保護大熊猫研究中心

←9月27日その2へ

9月29日へ→

2006年9月28日 臥龍→成都 くもり時々晴れ(成都くもり)
6:30起床
8:40臥龍基地入場
11:40臥龍基地退園
12:00熊猫山荘チェックアウト
12:05熊猫餐廳にて昼食(〜12:40)
13:10臥龍出発−(耿達13:40)−(木江坪木材検査站13:55)−(映秀14:38)−都江堰15:50
16:18都江堰客運中心発−茶店子客運站着17:15
17:20茶店子公交站−(4路)−17:50長順下街
18:20マクドナルドで食事&休憩
19:55ゲストハウス(成都観華青年旅舎)到着(徒歩)
20:10掲示板メンテナンス等(〜21:00)
24:00就寝(成都泊)

この子は後ろ足の足先が白くなっています
1歳子パンダと遊ぶ

一歳子パンダと遊ぶプログラムに参加!
運動場内に居られるのは通常5分間ですが、こちらとしては写真は撮りたいしビデオも回したい。その間一人は撮影係となって子パンダと遊べないわけで、ダメもとで入園前に服務員と交渉! 数分の時間延長を勝ち取り、さらには幸運なことに昨日清掃ボランティアでお世話になった老師がビデオ撮影役を買って出てくれることに。偶然とはいえその場に居合わせた老師に感謝です!
しかし…。私たちがパンダ幼稚園の運動場に入ったとき、何と運動場にいて起きていた子パンダは一頭だけ! 残りは木の上で昼寝をしていたり、保育舎の中でゴロゴロしている(上から2段目、左の写真)というなんとも寂しい状態でした。
しばらくその一頭と遊んでいましたが(上から1段目の写真)、2人で2千元(約3万円)も払ってこれではあまりにかわいそうと思ってくれたのかどうかはわかりませんが、エサのリンゴで保育舎の中の子パンダたちをおびき出してくれました(上から2段目、右の写真)。


前へ行こうとする子パンダを捕まえて→



保育舎の中。ごろ〜ん、ごろん。



地面にまかれたリンゴを探しまわる子パンたち

一昨年に続き子パンダを持ち上げようと
しましたが、重くて無理でした(一番上の写真)


出てきた出てきた!!
後ろでDVをまわしているのは昨日お世話になった老師


前を横切る子パンが一頭…


子パンダに囲まれて。4頭ですが大満足!


私が持つエサがほしくてたまらない様子


左手を「がぶ!」


その拡大写真。左指が子パンの口の中に(汗)

エサを鼻先へやっては離し、を繰り返していると、


右手も「がぶ!!」と咬まれました


こちらでは右手を思いっきり咬まれています


一歳の子パンダとはいえ、二頭でかかってこられると大変です




ずん!!



ずんずん!!!


ばばーん!!!!と迫り来る子パンダ。子パンダの目線から、
ほぼノーファインダーで撮影したためピントが合っていないのはご容赦



★パンダビデオ★
子パンダにまみれて至福の時間  1分00秒 1.13MB 150Kbps 1.10MB 150Kbps






前足が異様に長いパンダ


お行儀良く?両前足を使ってビスケットを食べる


くた〜


表で一緒にあそぼうよ

ここは昨日掃除した運動場の一つ


壇上で「みなさん!」と言っているかのよう


絡まり合ってどこがどうなっているのか…


もそもそ食べるパンダ  40秒 787KB 150Kbps 762KB 150Kbps
うっすら模様が出てきました  50秒 970KB 150Kbps 948KB 150Kbps






1歳子パンダたち。新しい笹が放り込まれ、一斉に食べ始めます


玄関マット状態に寝ころんで食べるんですね

密集してパンダビスケットを食べる1歳子パンたち


密集して笹を食べる  2分10秒 3.28MB 200Kbps 2.41MB 150Kbps
玄関マット状態  45秒 1.14MB 200Kbps 865KB 150Kbps
待望の食事の時間  2分34秒 3.87MB 200Kbps 2.84MB 150Kbps





団団と円円

台湾へ贈られる予定の2頭のパンダです。
運動場前には案内看板が設置されており、
特別扱いを受けていることがわかります。
公開は火・木曜日に限られるそうですが、
水曜日も公開されていましたよ。

団団:オス 2004年9月1日 臥龍基地生まれ
父親:霊霊  母親:華美

円円:メス 2004年8月30日 臥龍基地生まれ
父親:琳琳  母親:雷雷







「あ〜、喰った喰った」とつまようじでシーシーやってそうです





メイリン(美霊?)と老師


とても丸っこい子です


ここでも国慶節準備が着々と進みます


店内もほら、この通りの装飾。BGM付きです

こちらの子パンダも固太りの寸詰まり体型です


日干しされています…


パンダって、高いところが好きなんでしょうね


熊猫餐廳もこんな風に飾り付けられました


米飯、麻婆茄子、筍とキクラゲとキノコの炒め物

 臥龍から都江堰までは、一昨年同様11時40分のバスを利用しようと考えていました。前日の27日夕方に熊猫山荘の服務員に「お昼前の都江堰行きバスはあるよね〜?」と確認目的で気軽に尋ねたところ、「没有」(ない、の意)との返答! 他の服務員にも確認してもらいましたが同じ答え。バスで帰るとなると、臥龍基地開園前にバスが出発してしまうためもう基地には入園できなくなってしまいます。
 27日はまる一日ボランティアで拘束。自由時間たっぷりだったとはいえ子パンダとは遊んでいないし、まだまだ写真は撮りきっていないし、大変困ったことになってしまったと思いました。移動手段はないのか確認すると、車をチャーターするしかないといいます。成都までは4〜500元(!)うげー!! 都江堰までなら300元ほどとのこと、仕方なく都江堰まで依頼することにしました。(都江堰よりさらに手前の、WenChuanや九寨溝方面から多数のバスが通る映秀までであればもっと安く済んだかもしれません)
 臥龍から乗った車は軽ワゴンだったのですが、耿達付近で前からやってきたセダンに乗り換えるよう言われ怪しさ満点でしたが、無事都江堰に到着できました。熊猫山荘で良くしてくれた服務員のお姉ちゃんも丁度お昼で勤務が終わったとのことで、私たちの車に一緒に乗り込んできたのである種安心でした(便乗されただけ?)



道路工事に励む人民たち
重機はほとんど入っておらず人力作業中心です


川沿いには切り立った崖が多くあります

臥龍から乗ってきた車です。五星紅旗がはためいています
途中映秀でトイレ休憩(1人5角の有料トイレ)


都江堰−映秀間の巨大パンダ看板
映秀の三叉路にある看板より小振りでしょうか


都江堰バスターミナル
ここにも国慶節を祝う飾り付けがされています

現場作業員の宿舎らしきテント
分かりづらいですが女性が食事の用意をしています


都江堰まで乗ったチャーター車


映秀三叉路の巨大パンダ看板


Xuankou付近にある別の巨大パンダ看板



茶店子バスターミナルにほど近い小学校にて
ものすごい人数の児童と迎えの親たち

★チャーター車の車窓から★
臥龍基地〜耿達  11分40秒 17.5MB 200Kbps
耿達〜映秀  10分0秒 15.0MB 200Kbps
映秀〜成灌高速  8分53秒 13.4MB 200Kbps


←9月27日その2へ

9月29日へ→

▲このページのトップへ戻る

パンダ館もくじ | パンダに関する基礎知識 | アドベンチャーワールドの親子パンダ
王子動物園と上野動物園のパンダたち | 中国熊猫旅行 成都・臥龍のパンダたち | 雄浜・隆浜・秋浜@成都基地
パンダの壁紙ダウンロード | パンダの待ち受け画面集 | 町中のパンダたち | パンダ・リンク | 掲示板 | 更新履歴


Copyright ©2001-2010, MONZOU.