パンダ館へようこそ! このサイトについて | サイトマップ | お問い合わせ |
パンダとのふれあいインフォメーションと交通アクセス |
パンダ館Top Page > パンダ館もくじ > 中国熊猫旅行 > 2007年10月24日
10月23日24日その124日その225日26日その126日その227日28日29日30日31日

中国熊猫旅行
成都大熊猫繁育研究基地

←10月24日その1へ

10月25日へ→
亜成年大熊猫別墅
 ここには2004年6月にアドベンチャーワールドから里帰りしたユウヒンがいました


クチャクチャと音をさせて一生懸命笹を食べるユウヒン


白浜で食べた笹の味はもう忘れたかな?

他にもユウヒンの写真や動画があります
ぜひこちらの特集ページもごらんください





大熊猫産房
 産房そのものは非公開、今夏生まれた赤ちゃんは一般公開されていますが撮影禁止でした。
 赤ちゃんの中には黒い模様が非常に薄く、灰色の子がいました。誰の子かは不明です。



 産房を取り囲むパンダ幼稚園では昨年生まれた約1歳の幼児パンダが多数遊んでいました。


お昼過ぎ、子パンダたちはみんな寝ていました…


あっちでも…


しばらくすると、そこここで
動き出す子が出てきました


短い手足を懸命に使って木によじ登ります

こっちでも…


起きがけに飲む一杯の水
といったところでしょうか??


おはよう、一緒に遊ぼうよ〜


三頭ともいたずら盛りの悪そうな子に見えます…


おや、一頭隠れていましたか。ここには四頭いました。






細い木の上も上手に歩けます


タケノコに誘われて一頭やってきました


木の上で、後ろ脚を使って掻くことも朝飯前


う〜ん、たまらなく美味しい〜

この滑り台、滑り降りたら激しくおしりを打ち付けそうで怖いです



柱をすり抜けま〜す


足が短いっっ!!


パンダが立ったくらいで騒がないでね


硬くて歯触り悪そう…(汗)

いつの間にかもう一頭来て、三頭並んで食べていました。


毛が異様に多いです… 変な顔だと思ったら、輪郭が二重になっていませんか?


この子のあたま、おっきいです(笑)


ぐでー


ミルクの時間。他の子のミルクを横取りしようと、
また横取られまいと、一生懸命ミルクを飲みます


狭いところに頭を押し込んで寝ています


こちらは平べったくなって寝ています


ごく、ごく、ごく…

ミルクを飲み終わっても名残惜しそうにミルク皿をなめ回していました


皿を回収されても手に付いたミルクをペロペロ

そして再び穏やかな時間が訪れるのでした…


★パンダビデオ★
そのミルク、ボクのだよ〜  2分51秒 3.18MB 150Kbps
いつの間にか集まって来ていました  2分30秒 2.78MB 150Kbps
ごろごろり〜ん  1分00秒 1.11MB 150Kbps






成都基地にも音声ガイドがあったのですね
これを使っている人は一度も見ませんでした



夕方になり、バスで帰ります
道中見かけた、背負いかごに入った子ども


5月に開店した伊勢丹。1階はガラガラ
奥(西隣)に伊藤洋華堂春熙店があります


伊藤洋華堂の日本食レストラン面愛面で夕食
隣のマクドより中国人客の入りがよかったです


春熙路を北に向かって撮影


スタバ成都限定のパンダマグ

永明と一緒に白浜に来た蓉浜の母、
美美の子だくさんぶりを紹介するパネル
パネルによれば蓉浜は末っ子(9番目)


49路バス 青龍場バスターミナルにて
塗り替えられていますが、オンボロです


伊藤洋華堂にて 怪しい日本語の商品が並ぶ
酵母減塩のクラッカー 「好きが食べる」とは?


冰の品??
怪しい看板を掲げるフードスタンド


中国でも24時間営業やっているのですね


中国初の月探査機発射成功を伝える号外

▲このページのトップへ戻る

おまけ
懲りずに成都基地のおかしな日本語パート4
2002年に目撃した看板が装いも新たに再登場。以前よりやや日本語がこなれましたが、いま一歩です。

パンダに愛を、パンダと記念撮影

 尊敬するお客様、成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地へようこそ。

 四川は中国国宝−−ジャイアントパンだのふるさとと言われています。基地へパンダを触れ合いにくるのは、国内外の観光客の優先すべきプロジェクトでしょう。お客様、可愛いジャイアントパンダと「親し触れ合いませんか」。この美しい思い出を永久に保存しませんか。この喜びを親友とともに味わいませんか。弊社の「パンダに愛を、パンダと記念撮影」というプロジェクトは、皆様の願いを必ず叶えられます。

 この写真は、パンダへの愛を瞬間的に永遠と変えられます。もし大切にすれば、いつか羨ましい歴史的な印となれるでしょう。もし親友に見せ回ったら、皆の注意を惹く話題になれるでしょう。それに残された笑顔は、「愛の使者」としてのお客様の有難い姿になれるでしょう。

 我々は、科学研究のための飼育されたパンダを提供しております。パンダの健康と安全が守られる限り、パンダをなるべく身近に感じていただけます。この特徴を持つ公共教育を通し、人々に動物への関心を呼び起こし、環境保護の意識を強めるように図っています。

ほんの少しの愛を出し、世界の宝物を長く保護しましょう!
愛を永遠まで持ち、パンダを守ろう!

注意事項
尊敬するお客様、ご撮影が順調に進むように、とうかご注意ください
1、係員の指揮に従うこと
2、静かになさること
3、靴袋をよくはめ、手を洗い消毒すること
4、パンダを驚かさないこと
5、撮影するときはパンダの後ろ側に立つこと。
6、パンダを抱っこしないこと。手と身体もパンダの前側へ伸ばさないこと。

お客様とパンダちゃんの安全のために、パンダちゃんに近寄らないようにお願いします。


←10月24日その1へ

10月25日へ→

▲このページのトップへ戻る

パンダ館もくじ | パンダに関する基礎知識 | アドベンチャーワールドの親子パンダ
王子動物園と上野動物園のパンダたち | 中国熊猫旅行 成都・臥龍のパンダたち | 雄浜・隆浜・秋浜@成都基地
パンダの壁紙ダウンロード | パンダの待ち受け画面集 | 町中のパンダたち | パンダ・リンク | 掲示板 | 更新履歴


Copyright ©2001-2010, MONZOU.