パンダ館へようこそ! このサイトについて | サイトマップ | お問い合わせ |
パンダとのふれあいインフォメーションと交通アクセス |
パンダ館Top Page > パンダ館もくじ > 中国熊猫旅行 > 2007年10月25日
10月23日24日その124日その225日26日その126日その227日28日29日30日31日

中国熊猫旅行
雅安碧峰峡基地

←10月24日その2へ

10月26日その1へ→
2007年10月25日(木) 成都 曇り
7:10 起床
7:45 ゲストハウス(成都観華青年旅舎)出発
7:55 北大街−(64路)−上西順城街8:03着 1元
8:05 上西順城街−(55路)−新南路8:20着 2元
8:30 旅游集散中心(新南門バスターミナル)着
8:50 旅游集散中心発−(雅安北IC10:45)−(雅安11:00)−碧峰峡11:30着 43元
碧峰峡散策
13:40 観光車でゲート前出発−雅安碧峰峡基地13:50着
16:15 観光車で雅安碧峰峡基地出発−ゲート前16:25着
16:40 碧峰峡発−雅安旅游車站17:00着 10元
17:30 雅安旅游車站発−成都石羊場19:05着 45元
19:25 石羊場公交站−(61路)−上西順城街20:13着 1元
20:15 上西順城街−(16路)−北大街20:20着 1元
20:25 ゲストハウス(成都観華青年旅舎)に戻る
掲示板メンテナンスほか
23:55 就寝(成都泊)


新南門バスターミナルです
バス停を1つ乗り過ごしたため少し歩きました


成雅高速公路を疾走中
あたりは濃霧のため何も見えません




11時半、ようやく碧峰峡に到着しました
タイミング悪くパンダ基地は昼休憩のため
13時半まで入園できないとのことです…。

余談ですが・・・
広島県三次市と雅安市雨城区は友好都市
なのですね。15周年を祝う横断幕がありました

碧峰峡行きバスの切符
別途保険料として1元徴収されました(怒)


雅安にて。マンションの1階がくりぬかれており
バスが出入りします。ここでほぼ全員が下車。
碧峰峡へ行くのは私と中国人夫婦の合計3人。
軽ワゴン車に乗り換えて碧峰峡へ向かう事に…


バンジージャンプの塔がありました
濃霧の中バンジーするのも一興かと


碧峰峡の風景区と熊猫園セットの入園券、80元!高すぎる〜!!
ちなみに風景区、熊猫園、動物園セットの入園券は100元とのこと


碧峰峡の案内看板です。いまいるのは「游客接待中心」です。
パンダ基地は真ん中左寄りの緑色の一帯です。ここからバスで10分足らずの場所
ですが、バスもパンダ基地も昼休みのため約2時間もあいてしまいました。
付近を散策して午後の営業が始まる13時半まで待つことにしました。


ガラス張りの小部屋でVサインをする人が…
トイレやベッドまで備え付けられています。
「極限の魂」との看板が掛かっています。
調べてみると49日間ここで断食をしたそうで。


このエレベーター(電梯)に乗って
峡谷の一番下に降りることができます


エレベーターを降りたところ。
やる気ゼロの土産物店がありました。



さっき降りてきたエレベーターです



まだ時間があります
バスが来るというゲート前で待つことに

カウベル?をつけられた犬が
あたりを走り回っていました




下を覗いてみました
滝の下に人がいるのがわかりますか?


ガイドに雇えとしつこい客引きのおばさんに
聞くところでは、この先1時間50分歩くとパンダ
基地へ行くバスのバス停に出るとのこと(汗)


エレベーターで上に戻りました。
別アングルで峡谷をもう一枚撮影


バス(観光車)でパンダ基地に到着したところです
午後の開園を待っていた人民でバスは満員でした


やってきました。雅安碧峰峡基地


パンダ基地お約束のパンダオブジェ


戴立 1999年秋生まれ オス



龍飛 2000年9月16日生まれ オス
手前の格子にピントが合っていますね…


帰り際、龍飛は外で寝ていました


草草 2002年9月生まれ メス



あとでまた見に来ると、
同じやぐらで寝ていました…

広い敷地内にパンダの飼育場が点在


パンダ舎には名札が掛かっており、
(合っていれば)簡単に名前等がわかります


カゴに入ってぼーっとしていました
彼らにとってこのカゴは快適なのでしょうか


名前不詳のパンダ まるでおにぎりです


通路からとても離れた場所にいたので
最大望遠で撮影してもよく見えません


反対側に移動すると何とか
ちゃんと顔を見ることができました


戴立 寝ています


龍飛 寝ています


飼育場の間は急な階段だらけ



白いガラス張りの建物の前でパンダ発見


満足そうです


斜面では別のパンダも発見


じゃれ始めました


ぜえぜえ言いながら歩くと
白い建物が見えてきました


バリバリと竹を割って食べています


この角度から見るパンダ、いいでしょう?


竹を食べていたパンダが隣に来て…


パンダ模様って、森の中で目立つんじゃ…?


私が気になるのか、ときおり食事を中断してこちらを振り向いていました


悪さでもしたのでしょうか、おでこが汚れています



★パンダビデオ★
竹をバリバリ  1分45秒 1.94MB 150Kbps






パンダ幼稚園の前にある、
童心園と名付けられた広場にある絵


繁殖場にある運動場
表に出ているのは二頭でした


もう一頭は建物を出たり入ったり


建物の奥ではもう一頭が顔を出していました

白い建物はパンダ幼稚園だそうです。
さっきのパンダ、少し幼顔でしたね?


一頭は熟睡中の様子



二頭とも名前はわかりません


あとでまた見てみると、
外に出て活動していました


繁殖場で表に出ていたパンダ。時折キュー、キューと鳴いていました
繁殖場の建物施設自体は非公開、今年出産した錦竹(初代コウコウ)には会えませんでした


★パンダビデオ★
ちょっと外の様子を偵察に  1分14秒 1.37MB 150Kbps






基地内は案内看板が整備されています



希梦 1993年9月19日生まれ オス


地面は落ち葉で滑りやすいので注意が必要

一番奥の飼育場に来ました
パンダはどこにいるの〜??


床はジメジメしており気持ち悪そう…


出口まで戻ってきました。
帰りのバスの時間が気になり、
約2時間の滞在で切り上げました。



★パンダビデオ★
希梦、なにを飲んでいるの??  1分15秒 1.38MB 150Kbps






基地の入り口手前にある橋のレリーフ
彫りかけだけどやめました!ってものもありました



パンダレリーフ集


基地から碧峰峡入り口へ戻ります
行きとは対照的にバスはガラガラでした

雅安と碧峰峡、上里古鎮を結ぶ車
ワゴン車というのがお客の少なさを物語っています
碧峰峡から雅安市街までは連続下り勾配で、
ギアをニュートラルのまま転がしていました…

雅安へ行く車はある程度乗客が集まらないと発車しない様子でしたが、お客は私のほかに江蘇省揚州から来たという男性二人連れだけ。平日のこの時間、これ以上のお客はなかなか集まりそうにもなく、通常5.5元のところ10元払ってすぐに車を出してもらうことになりました。実際、終点雅安まで途中から乗ってくるお客すらありませんでした。


雅安旅游バスターミナルに到着


帰りのバスは成都南部の石羊場行きでした
行きより走行距離が短いのに高いのはなぜ?


結構疲れたので食べに行く元気が出ません
それで…今夜の食事はカップラーメン!


次の成都行きは17時30分発、残席25


成都双流空港近くの石羊場バスターミナル
中心市街までは少し離れた場所にあります


これぞ中国製カップラーメン!
という相変わらずの食感、味でした。

←10月24日その2へ

10月26日その1へ→

▲このページのトップへ戻る

パンダ館もくじ | パンダに関する基礎知識 | アドベンチャーワールドの親子パンダ
王子動物園と上野動物園のパンダたち | 中国熊猫旅行 成都・臥龍のパンダたち | 雄浜・隆浜・秋浜@成都基地
パンダの壁紙ダウンロード | パンダの待ち受け画面集 | 町中のパンダたち | パンダ・リンク | 掲示板 | 更新履歴


Copyright ©2001-2010, MONZOU.