パンダ館へようこそ! このサイトについて | サイトマップ | お問い合わせ |
パンダとのふれあいインフォメーションと交通アクセス |
パンダ館Top Page > パンダ館もくじ > 中国熊猫旅行 > 2007年10月26日
10月23日24日その124日その225日26日その126日その227日28日29日30日31日

中国熊猫旅行
成都動物園

←10月25日へ

10月26日その2へ→
2007年10月26日(金) 成都 曇り
6:50 起床
8:10 ゲストハウス(成都観華青年旅舎)出発
8:20 北大街−(?路)−昭覚横路8:37着 2元
8:49 成都動物園入場 12元
12:10 成都動物園退場
12:25 動物園−(532路)−熊猫基地12:40着 1元
17:30 成都基地退場
17:37 熊猫基地−(532路)−昭覚寺汽車站18:05着 1元
18:17 青龍場−(1路)−草市街18:30着 2元
18:35 麦当労 18.5元
文殊房散策
19:30 ゲストハウス(成都観華青年旅舎)に戻る
掲示板メンテナンスほか
23:55 就寝(成都泊)


大勢のバックパッカーで賑わう成都観華青年旅舎 朝はひっそりとしています


テラスです いろいろ手が加えられています




20階建てくらいはありそうです


東隣では高層ビルの建設工事の真っ最中
この二階から見る景色も変わってしまいました
昨年の様子はこちら(一番上の右の写真)


ショッピングセンターができるのでしょう

さて今日は午前中に成都動物園へ、午後から成都基地へ行きます


成都動物園の入場券です 実際には壁にパンダは描かれていません


動物園を入ったところにある干支のイラスト
日本以外の国では、十二支の亥は豚を指します


屋内にまず一頭いました(屋内1)


(屋内2)
こちらは掃除中でまだ準備がすんでいない様子
この運動場の造りはいい加減で、屋内で流した
水は排水溝を通らず観客通路に向けて開いた穴
(手すりの下の横長い穴)から流れ出るのです


ようやく掃除が終わり一頭出てきました(屋内2)


笹やニンジンが一杯で満足そうです(屋内2)


遠足とおぼしき幼稚園児の集団
賑やかを通り越して、うるさかったです


前に出てきてくれました(屋内2)
ニンジンは切らずまるごと与えられています

目指す熊猫館(パンダ館)の建物です
パンダは3頭(内2頭、外1頭)展示されていました


立ち上がると迫力あります(屋内1)



屋外には一頭いました


屋外運動場の主はタケノコをほおばっています
屋外とはいえ、観客との間は汚れたガラスで隔
てられており、大変見づらい&撮影しづらいです


屋外運動場のすぐ隣ではレッサーさんがいます
パンダとレッサーパンダを屋外で同時に見られ
るのは珍しいかも(上野は屋内で隣同士??)


壁にもたれてラクな姿勢(屋外)


やがてお腹が満足したのか、
平べったくなって寝てしまいました(屋内2)


屋内運動場の床は一段高くなっており、
寝ているパンダの目線で見ることができます(屋内2)


こちらのパンダさんも寝てしまいました(屋内1)


あらら、こちらのパンダさんも・・・!
だらんと垂れた後ろ脚がたまりません(屋外)



★パンダビデオ★
エサくれ〜、ね〜ね〜  1分00秒 1.11MB 150Kbps
たべる、たべる、たべる  1分00秒 1.11MB 150Kbps
ちょっとお年を召している?  1分50秒 2.03MB 150Kbps





成都動物園はほかの中国の動物園同様広大な敷地をもちます。
たくさんの種類の動物たちがいますが、こんな動物たちもいました。

おなじみレッサーパンダ

孫悟空のモデル、金絲猴

ホワイトタイガー

ニホンジカ

馬鹿(バカではありません)
下の解説参照

タンチョウヅル


名前の通り馬のような大型の鹿で、
走るとパカパカとまるで馬のようでした


さすが中国、金魚も展示されていました


背びれがありませんがランチュウの仲間でしょうか


なぜかスポテッド・ガー(左)や
タイガーショベルノーズ(右)の名も



親子四代?揃って動物園に来たのでしょうか



バイキングは中国語で「海盗船」だそう
遊具1つに服務員1人が担当という無駄
こちらも暇をもてあまして毛糸編みをしています

頭部の肉瘤がすごく発達しています


オランダシシガシラ?


「金魚廊」の周囲にある池では大量の鯉や
金魚が泳いでいます。写真はエサをやる
小学生と金魚の餌や土産物売りの服務員


暇で仕方がないのか、
遊具に座って携帯電話で遊ぶ服務員


迷子にならないよう、汽車ごっこよろしく
ロープで囲まれて動物を見学する幼稚園児


こちらは昼食をとる小学生たち
弁当を広げているのかと思いきや、売店でカップラーメンを買って食べています。
日本で弁当の代わりにカップラーメンを持たせたら、間違いなくイジメの対象になりそうです。


金魚廊から一歩外れると、なぜか鳩小屋が

動物園前バス停にて
人の背丈以上ある家具を三輪車で運んでいます

お昼になったので、バスで成都基地に移動します


←10月25日へ

10月26日その2へ→

▲このページのトップへ戻る

パンダ館もくじ | パンダに関する基礎知識 | アドベンチャーワールドの親子パンダ
王子動物園と上野動物園のパンダたち | 中国熊猫旅行 成都・臥龍のパンダたち | 雄浜・隆浜・秋浜@成都基地
パンダの壁紙ダウンロード | パンダの待ち受け画面集 | 町中のパンダたち | パンダ・リンク | 掲示板 | 更新履歴


Copyright ©2001-2010, MONZOU.