パンダ館へようこそ!

このサイトについて | サイトマップ | お問い合わせ |

パンダとのふれあいインフォメーションと交通アクセス |
パンダ館Top Page > パンダ館もくじ > パンダ・リンク
パンダ・リンク

パンダ顔ジャイアントパンダに関係するサイトを網羅!

◆動物園、研究所などのサイト
  • 成都大熊猫繁育研究基地(中国) 中国・成都にあるパンダの研究所。白浜生まれの雄浜や隆浜、秋浜はここで暮らしています。
  • 大熊猫倶楽部(中国) 中国保護大熊猫研究中心(臥龍基地、碧峰峡基地)。
  • 中国保護大熊猫研究中心(中国) 中国保護大熊猫研究中心
  • 神戸市立王子動物園 コウコウ(オス)とタンタン(メス)が飼育されています。
  • アドベンチャーワールド 永明、良浜、良浜の双子のきょうだい、幸浜、梅梅の双子のきょうだい愛浜と明浜がいます。ここで生まれ育った雄浜、隆浜、秋浜は中国成都へ里帰りしました。
  • 東京都恩賜上野動物園 1992年11月5日に北京動物園からやって来たオスのリンリン(lingling)がいましたが、2008年4月30日に22歳7ヶ月で死亡しました。
  • サンディエゴ動物園(アメリカ) 石石(shishi,オス)と白雲(baiyun,メス)、その子どもである華美(huamei,メス,1999年8月21日生)がいましたが、2003年1月に高高(gaogao,オス)が石石(shishi,オス)と交換でやってきました。高高と白雲の間には2003年8月19日に美生(meisheng,オス)、2005年8月2日には蘇林(sulin,メス)、そして2007年8月3日にも一頭が誕生しています。※2004年2月に中国・臥龍へ里帰りした華美は、海外で生まれ育ったパンダが中国へ里帰りした最初のパンダです。同年9月1日にオス2頭の双子を、2005年8月29日と2007年7月16日にも双子を出産しています。美生は2007年11月5日に生まれ育ったサンディエゴを発ち、7日に臥龍へ里帰りしました。
  • ワシントン国立動物園(アメリカ) 添添(tiantian,オス)と美香(meixian,メス)とその子供の泰山(taishan,オス,2005年7月9日生)がいます。
  • アトランタ動物園(アメリカ) 成都から九九(jiujiu,オス,アメリカ名yangyang)と華華(huahua,メス,アメリカ名lunlun)の2頭が渡米しました。2006年9月6日に美蘭(meilan,メス)が誕生しています。
  • メンフィス動物園(アメリカ) 2003年4月から、楽楽(lele,オス)と雅雅(yaya,メス)の2頭がいます。参考−FedExパンダサイト
  • チャプルテペック動物園(メキシコ) 3頭のメスがいます。繁殖のため上野動物園のリンリンとの間で頻繁に繁殖が試みられました。
  • ベルリン動物園(ドイツ) 宝宝(baobao,オス)と艶艶(yanyan,メス←2007年3月26日死亡)がいます。
  • シェーンブルン動物園(オーストリア) 2003年2月から臥龍の龍徽(longhui,オス)と陽陽(yangyang,メス)の2頭が賃借されています。2007年8月23日に赤ちゃんが一頭誕生しました。性別は不明です。
  • 香港海洋公園(香港) 安安(anan)と佳佳(jiajia)の2頭に加え、2007年4月26日には香港返還10周年記念として楽楽(lele)と盈盈(yingying)のつがいが贈られました。
  • 世界自然保護基金(WWF) 世界最大の民間自然保護団体。パンダのシンボルマークで知られています。
  • 日本パンダ保護協会 黒柳徹子氏らが名誉会長を務める。中国内のパンダ事情がわかる。
永明(エイメイ)◆成都への旅行でのお役立ちサイト
  • 成都観華青年旅舎 成都でシンガポール人のご主人と日本人の奥さんが経営するゲストハウス。私たちの旅行で大変お世話になりました。
    成都観華青年旅舎
  • 中国国際航空公司 旧西南航空と合併。成都発の路線を多数持っています。
  • i票 中国の列車、飛行機、公共バス、長距離バスの時刻や料金の検索ができます。公共バスは全停留所が表示されるため使いでがあります。
◆その他のサイト


▲このページのトップへ戻る

パンダ館もくじ | パンダに関する基礎知識 | アドベンチャーワールドの親子パンダ
王子動物園と上野動物園のパンダたち | 中国熊猫旅行 成都・臥龍のパンダたち | 雄浜・隆浜・秋浜@成都基地
パンダの壁紙ダウンロード | パンダの待ち受け画面集 | 町中のパンダたち | パンダ・リンク | 掲示板 | 更新履歴


Copyright ©2001-2010, MONZOU.